小学校では野球チームに入り、中学、高校ではバレー部に所属。高校2年の春休みに起こしたバイク事故により、左足の大腿部を切断。高校卒業後に進学した義肢装具士になるための専門学校で競技用義足に出合い、陸上を始める。本格的に競技をしようと、2004年に大阪体育大学体育学部に入学し、陸上部に所属した。

2008年スズキ株式会社に入社。北京パラリンピックから3大会連続出場。2016年5月には当時の世界記録を更新。リオ大会では走り幅跳びで銀メダル、4×100mリレーで銅メダルを獲得。2020年東京パラリンピックで金メダルを目指し、2017年10月にはプロ陸上選手となる。

現在は、スノーボード競技で3月に行われる平昌五輪の出場も目指している。

詳細はこちら

山本篤へのお問い合わせ・取材依頼等については、以下リンク先の「CONTACT」ページより承っております。

CONTACTページへ